事前に無料で資料を取り寄せて詳しく検討してみて下さい。
ここから簡単に無料で資料請求できます。
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

作業療法士専門学校・大学ガイド
lime.jpg
当サイトでは、全国各地にある作業療法士専門学校・大学を地域別に分類して紹介しています。

また、作業療法士を目指す人のために、仕事の内容や職場、国家試験である作業療法士の資格と取得するまでの過程、作業療法士国家試験の受験資格、受験手続、試験科目などについての情報についても紹介します。

作業療法士とは?
作業療法士とは、主にリハビリテーションの現場において、医師の指示のもと、理学療法士などと協力し身体または精神に障害のある人に対して、社会復帰に向けた訓練や指導を行うメディカル・スペシャリストです。

作業療法士は、Occupational Therapist、通称OTともいわれます。 

作業療法士の仕事・職場
作業療法士の仕事・職場は、病院などの医療機関、保健・福祉機関、福祉施設など幅広い領域となります。

作業療法士は、医師、看護師、また、理学療法士、言語聴覚士など他の資格者等とも協力しながら、身体または精神に障害のある人に対して、社会復帰に向けた訓練や指導を行います。 

作業療法士の資格をとるには?
大学、短大、専門学校等の養成校で3年ないし4年間の教育終了と同時に作業療法士国家試験の受験資格が得られ、国家試験の合格により、作業療法士の資格が取得できます。

(孤科学大臣または厚生労働大臣が指定した作業療法士養成課程を持つ養成校に入学して卒業する必要があります。

「理学療法士及び作業療法士法」において、修業年限を3年以上とすると定められているため、大学は4年制、専門学校や短大は3年制になっています。養成校の中には働きながら就業できるように夜間部を設けている学校もあります。

現在、養成校は、大学、短大、専門学校など全国に約150校あります。

∈邏販屠〇旅餡隼邯骸験
養成校を卒業した後、作業療法士国家試験を受験して合格する必要があります。

国家試験の合格率は例年90%前後で、2005年度は約88%でした。

L筏取得
作業療法士の国家試験に合格し申請すると、厚生労働省の作業療法士名簿に登録されるとともに、免許証が交付され、作業療法士になることができます。 




link
保育士 資格 医療・福祉資格試験